モンスター関連 一モン一答

ゴブリンシャーマン 一モン一答 モンスター紹介(11)

投稿日:

スポンサーリンク

それ誰やねん。

…ってなったそこのあなた。侮ってはいけません。

超地味で誰にも見向きもされなかったモンスターこそ、深掘りしがいがあるものです。

騙されたと思って使ってみて下さい。

本当に騙されてますから。

基本スペック

スキルと性格

スポンサーリンク

解説

ステータスは平凡そのもので特に面白いところはないです()

魔法系なのは言うまでもなく、魔力があり、回復力に長けているので普通に信仰が無難かと思います。ですが、信仰なら他にもっと良いのが山ほどいるでしょうとの意見も全くその通りとしか返答できない程度の性能です。

スキルで目を引くのはファイアウォールですね。炎威力補正がないにもかかわらず何故か覚えるこの技は、30%の確率で物理障壁を貼ってくれます。つまり、魔法反撃とすこぶる相性が良いので、とりあえずこれだけ覚えさせて魔法反撃で障壁貼りがメインの使い方になります。

また、アプデでゴブリンキングに小鬼王という新しいスキルが追加されたことで、信仰に採用する理由ができました。

てな事で、何としても使ってやろうと思い、面白そうな構成を考えたので紹介します。

●ウルフ因子

小鬼退治で入手できるアレですね。持ってる方も多いかもしれません。AGIが6と若干増加してしまいますが、怒りの反撃と覚醒によって、反撃率がとても高いのが特徴です。獣の反応で回避も取りやすく使いやすい構成だと思われます。

●アントマン因子

VITが8と高く、物理耐性と穴を掘る、性格慎重で防御行動をしてくれます。耐性重視の構成です。信仰の足の遅さと穴を掘るの相性は良いです。

●遺伝 猛炎

ファイアウォールの威力を上げて、火力にも貢献してやろうと言うパターン。ウィスプとドクログモ配合なので作るのは難しいかも。

●遺伝 脱皮&吸精&サウザンドキス

魔法反撃でサウザンドキスを決めてやろうと言う構成です。吸精が発動するとスキルを回復するので上手くいけば回復魔法を連発する事ができます。

めちゃくちゃ強そうですが、魔法反撃&吸精はアプデで回復力が強化されたサキュバスでも可能ですので大きな期待はしないで下さい()

ギャルラミアとギャルヴァンバッドで作れます。

●隠れ身

いつものやつです。特に言う事はないです。

配合パターンはたくさんあります。

●遺伝 不死蘇生&即時蘇生

いつものやつですね。事故防止に蘇生は安定。

デスナイトとゴーストの配合で作れます。難度高めです。

反撃する事を考えると、隠れ身より蘇生の方が良いかもしれません。

●遺伝 雪食み、雷帯び

迷宮によってはピンポイントで使えます。耐性を取りつつ覚醒して反撃率を増やせるのは強力です。

スノウドラゴンとライガーの配合です。

●遺伝 獣の反応&怒りの反撃

上のウルフ因子と似てますが、こっちはAGIが増えないのと、配合的にガーゴイルなど土偶とくっつくので防御10%が取れて硬くなります。

オススメ

★★★

解説はしましたがそんなに強いかと言われると首を傾げたくなる性能です。機会があれば使ってみてください。

スポンサーリンク

あとがき

一モン一答、今回はゴブリンシャーマンでお届けしました。

それではまた明日。

-モンスター関連, 一モン一答
-, , ,

Copyright© ハクスラモンスターズガチ攻略ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.